確率の解説





σ(シグマ)

境界の位置について筆界特定書とか判決書でも次のような表現がみられます,「その差は公差内で一致している。」,「A測量図とB測量図の当該距離差は公差内であり,一致している。」とか「その差は公差内であり,ほぼ一致している。」といった表現です,これらの表現は公差のどのレベルにあるのか説明がされないまま使われています。

これでは理解し難い説明です,それどころか使っている専門家でも判らないまま,認識が曖昧なまま使っているようです。

例えば,同じ価格の時計を買うとしたとき,Aの時計は一日に10秒の誤差が生じます,Bの時計は1秒の誤差が生じます,どちらも公差内ですといったときにAの時計を買う人はいないでしょう,これと同じです。

そこでこの表現を技術的に示す必要があります,その概要についての解説です。


<詳細を読む・PDFファイルです>2017/12/23


境界・筆界の信頼限界

境界を現地に表示する場合,果たして計算された位置でいいのだろうかと悩む事があります。計算値の近傍に古くから所有者間で認識してきた境界を示す地物(以下、本項では境界地物又は境界表示物とします)があればなおさら悩みます。

 境界に境界標があっても管理している土地所有者,管理者が認識している位置と計算位置との間に認識のズレがあることもあります,境界標には自然な移動,人的な移動が起きていますこのような様々な条件の中で「位置誤差の範囲」をどの程度まで認めていいのだろうかという事が重要となります。
<詳細を読む・PDFファイルです>2017/12/25


標準偏差と公差と不良率
標準偏差と公差と不良率の関係
<詳細を読む・PDFファイルです>2018/01/22移動