誤差について


ベクトルとスカラー

境界の位置誤差について理解出来ていないからがおおい、その原因は数値の扱いとか性質を理解出来ないからと思いますので解説してみました。
2011/9/20編集


誤差の基礎T




誤差の基礎Tに一変数の誤差について解説しました。
以前あった「座標変換、誤差入門」と「誤差の基礎」から一変数の誤差についてピックアップし再編集しました。
「標準偏差に体験」プログラム(エクセル2000〜2003)と「t検定の体験」プログラム(エクセル2000〜2003,2007)もアップしました。
2010/05/31作成 





誤差の基礎U




誤差の基礎Uに二変数の誤差について解説しました。
以前あった「座標変換、誤差入門」と「誤差の基礎」から一変数の誤差についてピックアップし再編集しました。
2010/06/02 テストアップ 



t検定とχ2(カイ二乗)検定


標準偏差、t検定、χ2検定の体験プログラム(Book) 2000〜2010



準拠点選択にt検定とχ2検定を導入しました、導入はhenkanV4.0以降です。
基本的にはHenkanV3.0と変わりません、方向杭計算処理後に準拠点選択が機能しなかった場合がありましたが解消されました。
t検定の使い方は異常値の除去に使います、点が10点以下の場合は準拠点選択にも使います、χ2検定は11点以上の場合に正規分布に適合しているかどうかの判定につかいます。

2009/06/18作成
2009/08/12内容を一部追加
2009/09/29自由度の計算を大幅に見直しました、V4.0と結果に差は殆どありません。
2010/05/21過去1年の実績を踏まえて解説を修正しました、プログラムの変更はありません。
2010/07/01 検定ファイルを修正中です・・・・7/5修正しました。
2010/07/05 χ2検定の体験版をアップしました。
2011/02/01 標準偏差、t検定、χ2検定 体験プログラム(Book)を2000〜2010まで共通化しました。
2011/04/21 t検定を修正 シート名 t検定02 とした。


標準偏差と平均二乗誤差


普段何気なく使っている標準偏差、平均二乗誤差について考えて見ました。

2007/10/4 編集
2010/06/10 再編集しました。
2011/09/26 再編集しました、二変数の分布、相関係数と確率について相当に踏み込んで解説しました。
2011/12/12 再編集


公差と不良率

国土調査法施行令別表第5の筆界点の位置誤差について考察してみました。
2006/8/29編集・2007/5/26再編集・2007/6/13再編集・2007/10/4再編集
2010/06/10 見直したが修正点なし
二変量の不良率計算プログラム(Book)作成に伴い内容を全面的に再編集しました。
2011/12/12 全面的に見直し

求心誤差 TSを設置するときに合わせる求心誤差の計算表です。
20141/10/24 説明文を追加しました。