筆界の復元事例
(一般事例)

筆界の種類,原始筆界、後発的原始筆界、創設筆界のジャンルに属さない事例はここにまとてあります。
ファイルはPDFになっていますのでダウンロードしてから見てください。(空きは作成中です、空欄は筆界事例にあります)
難易度 A簡単 Bやや難しい C難しい  となっています。

タイトル 難易度
1
2 日本測地系座標を世界座標変換 A 日本測地系座標(旧座標)を世界測地系(現座標)に変換する事例です。
2009/6/19編集
2010/2/11プログラムの操作を織り込みました。
3
4
5
6
7
8
9
10 歪のある日本測地系からの復元と世界測地系への変換 C 図面の歪を座標層別で解析して日本測地系(旧座標)を世界測地系(現座標)に変換する事例です。
2009/6/24編集
2009/11/24長尺層別プログラムにより再編集
11 長尺物(道路)の座標変換(旧日本測地系から世界測地系) C 難易度はCですがその上のDに相当する内容です、特に層別とベクトル図をふんだんに使った解析は普段から最小二乗法による境界復元をしていても戸惑うかもしれません。
2009/7/31編集、2009/8/15再編集、2009/10/02再編集(結果は変わらず)
2009/11/24長尺層別プログラムにより再編集
2011/1/05再編集(視点を変えて解析、2009年版と結果は少しだけ変わりました)
12 与点がある場合の境界標の復元 A 公差が無い場合または公差があるが現地の精度が公差に対して高いい場合の境界標の処置方法についての事例です。
最小二乗法による境界復元とは関係が有りません。
2009/8/18編集、2009/10/02再編集(結果に変更あり)
13 地籍図の復元結果の確認 A 図解法による地籍図と境界標を確認して現況確認に問題がないかを判断する。
2010/06/24編集
14
15 多角点が3個ある任意座標を世界座標に変換 A 最近の官民境界確定図(任意座標)を世界測地系に変換する事例です。
2009/6/21編集
16
17 座標値のある官民境界図の結合 A 任意座標で作られた2枚の官民境界図を1枚に結合する事例です。
2001/6/1リリース、2009/9/8再編集
18 (空き)
19
20
21

事例のデータ 1〜の計算データです、実際に計算を実感したい方はご利用ください。