更新情報
2013/02/01 ■面積・辺長⇒座標化プログラム を公開(フリーソフト)

2012/09/10 ■三斜図→座標化プログラムを公開(フリーソフト)

2012/06/12 ■henkan,soubetuの有料版プログラム(Book)を無料開放

2011/08/12 ■2011/8/12 震災関係資料のページを追加しました。

2011/04/21 ■回帰直線にt検定機能を追加した。

2011/02/14 ■復元事例20を【復元事例】にアップしました、昭和35年〜53年頃に多かった民間施行の区画整理地区の事例です。

2011/02/01 ■フリーのプログラム(Book)を更新しました、2000〜2010まで共通化しました。

2011/01/24 ■henkan、soubetu プログラム(Book)の有料版公開 1/24〜
 無料版との違いはベクトル図作成を一体化しました、処理データ数を500点にしました。
 操作性を向上しました。

2011/01/05 ■復元事例11を再編集しました。
 結果は殆ど同じですが視点を変えて解析してみました。

2010/12/02 ■Excel 2010 に対応しています。
 プログラム(book)は2007のものがそのまま使えます。
 セキュリティー設定が2007と異なります、「エクセル2010のセキュリティー設定」をにアップしました。

2010/09/23
2010/10/20
■henkan3.50(エクセル2000〜2003)を7.50(エクセル2007)にアップしました、内容は準拠点チャート図と配点図の追加です。
■2010/10/20 配点チェックを点数から重量に変更した。

2010/08/25 ■henkan3.47を3.48に7.47を7.48にアップしました、内容はシートのメモを参照ください。

2010/06/22
2010/06/24
■事例6を【復元事例】にアップしました。
■事例13を【復元事例】にアップしました。
 統計的な見解が中心になります。


2010/06/17 ■A_soubetuで2回目以降に違った結果が出る不具合を修正して【プログラム】にアップしました。


2010/06/15 ■座標層別を再編集して【層別についてに】テストアップしました。

2010/06/10 ■座標変換の基礎Tを再編集して【誤差についてに】テストアップしました。
■座標変換の基礎Uを再編集して【誤差についてに】テストアップしました。
■標準偏差・平均二乗誤差を再編集して【誤差についてに】テストアップしました。


2010/06/08 ■準拠点選択を再編集して【誤差についてに】テストアップしました。


2010/06/02 ■誤差の基礎U(二変数の誤差)について再編集し【誤差についてに】テストアップしました。


2010/05/31 ■誤差の基礎T(一変数の誤差)について再編集し【誤差についてに】アップしました。
「標準偏差の体験」「t検定の体験」のエクセル2000〜2003、2007のプログラムもアップしました。

2010/05/25 ■方向杭の計算処理の解説を更新しました。

2010/05/24 ■交点計算の危険性の解説を更新しました。
2010/06/09実例を追加。

2010/05/21 ■χ2検定、t検定の解説を過去1年の実績を踏まえて更新しました、準拠点選択のプログラムの変更はありません。
統計的検定を導入することは不可能ではないかと言われておりました、過去に於いても導入出来た例はありませんでしたが導入から1年が経ち問題はありませんでしたので再度まとめてみました。

2010/04/16 ■旧HPにアクセスしますと//012.o.oo7.jp /に転送されます。
2010/04/05 ■Excel 2007用のプログラムをリリースしました【プログラム】からダウンロードしてください、設定が若干面倒ですが必ず設定の説明を読んでください。
  何台かのPCで確認しましたがPCの設定によっては起動しない場合も考えられますので異常があればご連絡ください。
  最近では研修会にエクセル2007を持ってくる方が増えましたので作成しました。

2010/03/17 ■研修内容の第二部(境界復元の基本事例 3題1.5時間分)の音声ファイルを【研修資料】にアップしました。
音声を出した状態でPDFを開いてご覧ください、音声ファイルに近い形にPDFを組み替えました。

2010/03/04 ■研修内容の第一部(復元・誤差の基礎1.5時間分)の音声ファイルを【研修資料】にアップしました。
 市区町村、測量関係者のアクセスが多いのでパスワードも公開しました。passは"miyazakisan" です。
音声を出した状態でPDFを開いてご覧ください、これが好評であればスライド毎に音声をつけた作品を作る予定ですので感想をお寄せください。

2010/02/27 ■静岡土地家屋調査士清水支部で研修しました、4.5時間。
 静岡市の施設にあるコンピュータルームを借りての研修で理論をパソコンで実感してもらえたのではないでしょうか。

2010/02/25








2010/03/08
2010/03/15
2010/03/17

【プログラム】 のマクロ高速化
  henkanV4.6 マクロの高速化
  L_soubetuV2.6・A_soubetuV0.3・ マクロの高速化、ファイル名取得の自動化
  vectorV1.0 ファイル名取得の自動化しました。
研修会でデータを特定ファイルから取得する際にファイル名をコピーするのに戸惑う研修生が多いのでファイル名の取得を半自動化しました。
ついでに大量のデータを扱うと計算処理に時間が掛かるのでマクロの高速化を図りました、計算の処理過程が見られなくなるので高速化していないプログラムも掲載してあります。
2010/03/08  VectorV1.1 準拠点のベクトル線を青表示にした。
2010/03/15  VectorV1.2、結線機能を追加しました。
2010/03/17  henkanV4.7 計算表の印刷コマンドを追加しました。

2010/02/08
2010/02/09
2010/02/11
■【復元事例】 アップ状況 1,2,3,4,5,7,8,9,10,11,12,14,15,16,17,19
  2010/02/08 19をアップ プログラムの操作も織り込みました、16にプログラムの操作を織り込みました。
  2010/02/09  3にプログラムの操作を織り込みました。
  2010/02/11  2、7にプログラムの操作を織り込みました。
  事例データをアップしました、計算に利用ください。

2009/11/06 ■サイトの案内を更新しました・・・余りにも古かったですから。
2009/10/29 ■交点計算の注意について「誤差についてに」アップしました。
 わざわざ計算して見せる内容ではないと思っていましたが改めて計算してみると怖いところがあります。